【公募終了】 ファミール五日市中央 大規模修繕工事

公募は終了しました。

この度大規模修繕工事を実施するため、見積もりにご参加頂ける施工会社を公募いたします。

公募資料は以下よりPDFファイルをダウンロードいただけます。

・ファミール五日市中央 大規模修繕工事 見積依頼業者公募資料

マンション大規模修繕工事に必要な第一歩

マンションにお住まいの方は、1度は大規模修繕工事という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、マンションに住んでいても、専門性が高すぎて実際にはあまり詳しく知らない。そんな方のために今回は、マンション大規模修繕工事について解説していきます。少しでも参考になれば幸いです。

 

マンション大規模修繕工事とは?

マンション大規模修繕工事とは、約10年〜15年周期で行われ、マンションの劣化状況にあわせて実施する、大掛かりな計画修繕工事のことです。

分譲マンションでは、経年劣化によるマンションの老朽化に伴って発生する事故を防ぐために、管理組合が主体となり、長期修繕計画に基づいた計画修繕を行います。

費用は、管理組合が積み立てている修繕積立金を充当して行われます。

 

修繕工事は管理組合の腕の見せ所

この大規模修繕工事は、実施することで、建物の資産価値の維持向上に繋がります。

そして、この工事に欠かせないのが、管理組合の存在です。

大規模修繕工事は、現代のストック型社会において、全てのマンションで必ず実施されて行くべきものです。しかし、劣化状況や規模、共有設備の個数や種類等によって個々で行われる工事が異なります。

そのため、管理会社や施工業者などでは分からない、住んでいる住民だからこそ分かる修繕箇所や改善点等が特に大切になってきます。

管理会社や施工業者に言われるがままに計画を進めていくと、費用対効果の低い修繕工事になってしまったり、必要のないところまで工事が行われることで、修繕費が大きく膨らんだり、無駄の多い大規模修繕工事になりかねません。

そのようなことにならないために、どのような箇所に修繕が必要なのかをあらかじめ管理組合が把握しておき、施工業者との打ち合わせを円滑に行う必要があります。

管理組合の事前準備は、作業日程の短縮化や、工事費の削減、工事の結果に大きな影響を及ぼします。自分達が住んでいるマンションがより住みやすい環境になるかどうかは、管理組合の運営手腕にかかっています。

自分たちの住むマンションにはなにが必要なのか、集会等で意見交換等を行いながら工事の舵を取る姿勢が大切でしょう。

 

まとめ

マンションの大規模修繕工事は、どのマンションも必ず行わなければならない工事です。

大規模修繕工事には多くの時間や費用を費やします。終わってみて、こんなはずではなかったのにとならないように、より快適で住みやすいマンションになることを目指して、管理組合が一丸となって事前準備をしっかりと行っていきましょう。

【公募終了】巣雲閣ハウスバーンフリート西白島 大規模修繕工事

公募は終了しました。

この度大規模修繕工事を実施するため、見積もりにご参加頂ける施工会社を公募いたします。

公募資料は以下よりPDFファイルをダウンロードいただけます。

・巣雲閣ハウスバーンフリート西白島 大規模修繕工事 見積依頼業者公募資料

マンションの改修工事とは?修繕と改善の違い?

マンションであれば必ず行われる大規模修繕工事。その修繕工事の時に一緒に行った方が良いとされる改修工事。どちらも結局工事でしょ?と思われがちですが、実はこの二つの工事、性質が全く異なります。もしも、あなたが管理組合の会員になり、大規模修繕工事に関わる時、この違いを知らないとすごく損することになります。修繕工事と改修工事の違いがよく分からないという方は是非この記事を読んでください。

 

大規模修繕工事とは

マンションの経年劣化による事故を発生させないために、全てのマンションで約10年から15年周期で修繕工事を行います。この時に、マンションの不具合のある場所を直していきます。

また、これらの工事は、マンションの規模や劣化状況などによりマンションごとに異なります。

 

「修繕」と『改修』の違い

大規模修繕工事では、「修繕」だけではなく「改修」を同時に行うことがあります。

 

修繕とは

大規模修繕工事の名前にも含まれている修繕。これは、経年などによる劣化のある建物や設備に対して修理や取り替えなどを行い、問題のあった箇所を性能や機能面で市場なく使用できる状態にまで回復させることを言います。回復の程度は、応急処置の対応ではなく、建設当初の元あった状態まで戻すことを目指します。

この修繕の目的は、元の状態に戻すことのみで、当初よりもグレードの高いものに移行することは目的ではありません。

 

改修とは

改修とは、古くなったり壊れたりした設備を、建設当初の物よりもグレードを上げた状態にすることを改修と呼びます。

マンションの機能・性能は、時代の変化に伴い著しく向上しています。建設当初では性能の高かった設備も、時代の変化と共に陳腐化していき、当初の機能では現代の社会のニーズに対応していないため、資産価値の低下に繋がることもあります。マンションの質および価値を長持ちさせるためには、修繕により性能を回復していくと共に、改良により現代の生活水準で求められる性能・機能にアップグレードさせる必要があります。この、修繕+改良を合わせて改修と呼びます。

 

つまり

修繕は、マンションの性能・機能を維持し、建設当初の建設水準を保つものであり、改修は、変化していく社会による求められる生活水準の変化にあわせて、初期の設備よりも高い性能・機能を持つ設備にアップグレードすることを指します。

一般的に、修繕は「リフォーム」改修は「リノベーション」と例えられます。

 

まとめ

マンション大規模修繕工事はマンションを良くも悪くもする大きな転換期となります。何を修繕して、何を改修するのか、修繕と改修の違いをしっかりと理解した上で目的を持って管理組合で建設的な議論を行ってくださいね。といっても、現在は、どちらも同義として扱われているような、、、気がしますね、、。

【公募終了】アーバンスクエア青崎 大規模修繕工事

※公募は終了しました。

この度大規模修繕工事を実施するため、見積もりにご参加頂ける施工会社を公募いたします。

公募資料は以下よりPDFファイルをダウンロードいただけます。

・アーバンスクエア青崎 大規模修繕工事 見積依頼業者公募資料

既存ストックの活用のための法改正

既存ストックの活用を促進する2020年4月1日から以下のような法律の改正がありましたので、その中から既存建物の活用面において有意義なものをピックアップしてご紹介します。

 

・用途変更に伴って建築確認が不要となる規模を100㎡以下から200㎡以下に見直しされました。

・戸建住宅等(延べ面積200㎡未満かつ階数3以下)を他の用途にする場合に、在館者が迅速に避難できる措置を講じることを前提に、耐火建築物等とすることが必要条件ではなくなりました。

・3階以下で延べ面積200㎡未満の建物の場合の敷地内通路の幅は0.9m以上でOKとなりました。(従来は3階建だと1.5m以上必要でした)

 

近年の改正は平成18年の建築基準法の改正により、全国的に建設業の円滑な業務遂行が妨げられて不況なったことを教訓に、安全面に配慮しながら、合理化が図られています。

 

 

建築設備定期検査

弊社では建築設備定期検査を行っておりますが、お問い合わせいただく場合、場所により検査する対象項目が異なってきますので、建物のある場所の情報が必要になります。

 

例えば広島県内を例にすると

広島市は

換気設備(火気使用室、無窓居室の換気設備)

排煙設備

非常照明装置

が対象になります。

 

近郊の廿日市市、東広島市、呉市、三原市、尾道市では

換気設備(中央管理方式の空気調和設備に限る)

排煙設備

非常照明装置

給排水設備(給水タンク・貯水タンク又は排水槽を設けたものに限る)

が対象になります。

 

福山市では

換気設備(中央管理方式の空気調和設備に限る)

排煙設備

非常照明装置

が対象になります。

上記のように換気設備の内容とと給排水設備が異なっています。

 

病院やショッピングモールなどの大規模施設では検査対象の換気設備の内容が違うと

検査の費用も大きく変わってしまいます。

 

更に

中国地方の近隣の山口県、島根県、鳥取県、岡山県(岡山市を除く)では

建築設備定期検査は実施する必要がありません。

 

それはなぜか!

 

建築設備は各地の条例(建築基準法施行細則)で指定されるため、異なっているのです!

 

 

【公募終了】医療法人 北原会 敬愛病院 介護医療院転換工事・初度経費備品納入

※公募は終了しました。

この度介護医療院への転換工事・初度経費備品納入を実施するため、各見積もりにご参加頂ける施工会社を公募いたします。

公募資料は以下よりPDFファイルをダウンロードいただけます。

・介護医療転換工事 見積依頼業者公募資料
・介護医療転換 初度経費備品納入 見積依頼業者公募資料

0からのスタート 道なき道を切り開く

— 「とにかくやってみる」ことを日々心がけて

私は他のメンバーと違って全く経験がありませんでした。面接時に、実務経験が全くないこと、それでもこの会社で仕事がやりたいという気持ちを伝えると、「これからやっていく中で、自分に適したものとっていけばいいよ」と言われ、長い目で安定して成長できると思ったのがきっかけです。現在は勉強の毎日ですが、この積み重ねが未来につながっている、その重みを肌で感じる毎日です。

— 現場が一番のリアルな教科書

全く経験がないので、入社後は先輩と現場を一緒にまわり、一から勉強しています。その中で教えてもらいながら勉強をしています。現場で理解が難しかったことは、事務所に戻って先輩に聞いたり、わからない部分は自宅に帰って本で勉強しています。建物の構造や初歩的なことでさえ、知らないとお客さんに説明ができないので、仕事ができません。今は資格を取るというよりは、まずは実務経験を積んで基礎を学習することが優先です。 CS建築事務所は自分のペースで勉強ができる雰囲気があります。「知らなくてできないなら、なんでもいいから早くしろ」という雰囲気は全くなく、社員の方の雰囲気や人柄がとても良く、安心して成長していける環境があります。一番のテキストは「現場」ですので、現場に出て、目で見て、状況を知って、知識を蓄えることがとても勉強になり、このような贅沢な経験をさせてもらえて早く恩返したい気持ちでいっぱいです。まずは実務経験を積んで3年後の2級建築士の取得が現在の目標です。

安心して働ける環境があるから 存分に仕事と向き合える

— 働く環境に惹かれて

調査(外出)と内勤の両方が半々にある点が魅力でした。私は中途での入社ですが、前職はずっとインテリア関係の立ち仕事でした。一日中立ち仕事は体力的にも大変で、社外に出て体を動かしつつも、デスクワークもある仕事に魅力を感じていました。そして「住」に関わる仕事がしたくて転職を考えていた時に出会いました。まさに運命です。私は、仕事とプライベートのバランスは非常に重要だと考えていて、今の時期は全くと言っていいほど残業がないので、家での家族との時間も大切にできる点も魅力の一つです。仕事とプライベートのバランスがうまく保てるので、隙間時間でコツコツ勉強し、今年2級建築士試験に合格することが目標です。

— お客様だけでなく、社員も守る組織づくり

会社の仕組みや考え方が、残業が少なくなるよう、仕事を配分する仕組みになっています。10月から12月は法令点検の書類提出期間なので、その時期だけはどうしても残業が発生することがあります。しかし、その時期であっても社員で分担して仕事をするという考えは変わらないので、一人で業務を抱えこんで夜中まで自宅へ帰ることができないということはありません。今後一人のお客様を、私一人全てをコーディネートすることがあれば、残業をしてでも仕事を終わらせなくてはならないという可能性はあるかもしれませんが、組織の考え方が、仕事は分担してやるという考えなので、私だけが残業に明け暮れることはないと感じます。

— 多様な働き方が実現できるので、安心して働ける

CS建築事務所は、どんな働き方も、生き方も受け入れてくれる会社です。例えば「私は定時で帰ります」というスタイルで働くことも可能かもしれません。仕事がしたくないので、定時に帰るという意味ではなく、家族の介護が必要なケースや、ワーキングマザー/ファザー、終業後に学校で通うといった、社員一人ひとりに様々な事情があるということです。多様な働き方が選択できる雰囲気は自分にマッチする働き方を、自分にあった形で選択でき、自由に仕事に向き合える場所があるということだと思います。


お問い合わせ・ご相談はこちらから
(082)-293-0702 9:00〜18:00(土日祝日除く)