マンション修繕でよくあるトラブルとは?費用編

 

今回は、大規模修繕工事に起こりがちなトラブルをまとめました。是非、大規模修繕工事の際のヒントとして活用ください。

 

費用編

修繕積立金のトラブル

大規模修繕工事等、マンション内での必要な修繕を行うために、管理組合は積立てを普段から行っています。しかし、修繕の必要な箇所が想定外に多く、積立金だけでは賄えないケースが存在します。不足金の額がそれほど多くない場合は、居住者に説明をし、追加徴収を行うのが早く確実な方法です。

 

しかし、予想外に不足額が大きい場合、居住者から理解を得られなかったり、払えなかったり、工事そのものが行えなくなる事態も考えられます。

 

そのような場合は、工事内容の見直しを行うことになります。緊急性が低い箇所や、普段の生活に支障をきたさない箇所は、次回の修繕工事に回す。もしくは、工事の予定自体を遅らせる等の対処が必要になります。その他の方法として、金融機関からの借入がありますが、この場合は居住者にさらなる負担を強いる事になる為、可能な限り前者で検討する事をお奨めします。

 

緊急事態が発生し、待った無しで修繕しないといけないこともあるので、常に余裕をもった積立てをしておくことが重要です。管理組合は、長期修繕計画書の作成や定期的な見直し等を行いながら修繕・改修の必要な部位や周期を把握し、ある程度の費用を見込んでおく必要があります。(国土交通省:長期修繕計画ガイドライン参照)

 

大規模修繕工事では、どこの施工業者に依頼するかで工事中の対応や出来栄えが全く異なりますが、とりわけ費用面では、複数社からの同条件による見積書を比較検討することは相場金額や妥当性等の把握ができる為、管理組合にとって非常に重要です。

 

修繕工事の費用や質の妥当性を判断するのは、素人には非常に難しいため、コンサルタント会社や管理会社に依頼します。コンサルタント会社や管理会社は、管理組合に代わってスケジュール作成から工事の手配、工程確認や最終検査まで全て行いますので様々なトラブルを回避する為にも管理組合にとっては非常に欠かせない存在であるといえます。

 

しかし、どちらに依頼するにしても費用が発生する為、事前に見積を比較検討し、必要があればヒアリングを行う等の準備が必要です。修繕工事費用はあるが、コンサルタントや管理会社に依頼する費用が足らないという事にならないよう計画的な準備が必要です。

 

まとめ

今回は、大規模修繕工事の際のお金に関するトラブルをまとめてみました。

多額のお金が動く大規模修繕工事では、お金のトラブルがよくついて回ります。

修繕積立金はいわばマンション内の税金ですから公明正大に使用されるべきものです。事前準備をしっかり行う事で居住者・関係者の理解も得られ、様々なトラブルを回避できます。


お問い合わせ・ご相談はこちらから
(082)-293-0702 9:00〜18:00(土日祝日除く)